本文へジャンプ
 

バックアップタイトルの登録

  バックアップタイトルの登録

 ・バックアップ元、バックアップ先の指定

 ・ファイルの拡張子の指定

 ・ファイルの更新日付が戻った場合にバックアップデータを消去するファイルの拡張子の指定

 ・バックアップの対象となるファイルのサイズの指定

 ・圧縮バックアップするファイルの拡張子の指定

 ・バックアップの実行タイミングの指定

 ・バックアップ世代数の指定




 バックアップ元、バックアップ先の指定

 De.Ja.Vuのアイコンをクリックして表示されるメニューから,[開く]を選択してください。
 「De.Ja.Vu バックアップ・ビューアー」が起動されます。

 

 メニューから[ファイル]-[バックアップタイトルの新規追加]をクリックしてください。
 表示された画面に,まずタイトル,バックアップ元のフォルダ,バックアップ先のドライブ/フォルダのパスを入力します。


 

 「バックアップ元:」に,データをバックアップしたいフォルダのパスを指定してください。
 「参照」ボタンをクリックすると,フォルダの選択画面が表示されます。ここからバックアップするフォルダを選択することもできます。

 次に,「バックアップ先:」にバックアップファイルを作成するフォルダを指定します。
 De.Ja.Vuはバックアップ先に,指定されたフォルダの下にタイトルと同名のサブフォルダを自動的に作成し,バックアップデータを保存します。


 バックアップ元,バックアップ先の指定を行ったらバックアップするファイルの条件を指定してください。


 「このフォルダのすべてのファイルをバックアップする」,「このフォルダの指定した拡張子のファイルをバックアップする」のいずれかを選択してください。
 「このフォルダの指定した拡張子のファイルをバックアップする」を指定すると,次の画面でバックアップの対象となる拡張子,
 対象とならない拡張子の入力画面が表示されます。

 「サブフォルダも対象にする」をチェックすると,同じ条件でサブフォルダのファイルもバックアップの対象にします。

 「除外するサブフォルダを設定する」をチェックすると,バックアップから除外するサブフォルダを指定することができます。


 「次へ」ボタンをクリックすると次の設定画面を表示します。


 ファイルの拡張子の指定

 

 「このフォルダの指定した拡張子のファイルをバックアップする」を選択した場合には,拡張子の選択画面が表示されます。
 ここでは,対象となる拡張子,対象とならない拡張子のどちらか一方に入力します。両方に入力することはできません。


 「次へ」ボタンをクリックすると次の設定画面を表示します。


 ファイルの更新日付が戻った場合にバックアップデータを消去するファイルの拡張子の指定

 

 この画面では,ファイルの更新日付が古くなった場合にその日付以降のバックアップデータを消去するファイルの拡張子を指定します。

 これは,Excelファイルのように,ファイルを開いた段階で,ファイルの更新日付が変わり,ファイルを閉じると元の更新日付に戻ってしまうような場合に
 無駄なバックアップを増やさないための設定です。

 通常はファイルの更新日付の変化でバックアップを実施しますので,Excelファイルの場合には,ファイルを開いた時点で一度バックアップを行い,
 ファイルを閉じるとさらにバックアップを行うことになります。
 このようなことを繰り返すと同じ内容のバックアップが繰り返し作成されることになり,非効率です。

 Excelファイル,または同様の動作をするファイルについては,この設定をおこなうことを推奨します。


 「次へ」ボタンをクリックすると次の設定画面を表示します。


 バックアップの対象となるファイルのサイズの指定

 

 この画面では,バックアップの対象となるファイルのサイズを指定することができます。

 「すべてのサイズのファイルをバックアップする」を選択すると,ファイルのサイズに関係なく,バックアップの対象とします。
 「以下のサイズ以上のファイルをバックアップする」を選択すると,指定されたファイルサイズ以上のファイルだけがバックアップの対象となります。
 「以下のサイズ以下のファイルをバックアップする」を選択すると,指定されたファイルサイズ以下のファイルだけがバックアップの対象となります。

 「次へ」ボタンをクリックすると次の設定画面を表示します。



 圧縮バックアップするファイルの拡張子指定

 

 この画面では,バックアップを実行するときに、圧縮を行うかどうかをファイルの拡張子ごとに指定します。

 JPEGファイルや、すでに圧縮しているLZHファイル、ZIPファイル等は、バックアップ時に圧縮を行わないほうがCPUへの負担を軽減することができます。

 「次へ」ボタンをクリックすると次の設定画面を表示します。


 バックアップの実行タイミングの指定

 

 この画面では,自動バックアップの実行タイミングを指定します。

 「変更があるたびにバックアップを行う」,「決まった時間にだけバックアップを行う」のいずれかを選択することができます。
 「決まった時間にだけバックアップを行うを選択した場合には,実行する曜日と時間帯を設定することができます。
 「変更があるたびにバックアップを行う」を選択した場合,自動バックアップの最低実行間隔を指定することができます。

 「次へ」ボタンをクリックすると次の設定画面を表示します。


 バックアップ世代数の指定

 

 この画面では,バックアップを何世代保存するかを指定します。

 世代数を指定した場合には,1つのファイルに対して,指定した数だけバックアップファイルを作成した後は,一番古いバックアップファイルを
 自動的に削除していきます。

 もし,短い時間で頻繁にファイルを書き換える場合には,世代数を多めに設定し,1日に数回しかファイルの保存を行わないような場合には
 世代数を小さめに設定することをお勧めします。


 「登録」ボタンをクリックすると,入力した条件を保存し,すぐに1回目のバックアップが始まります。



 


    株式会社 アリアン